山口地学会

山口地学会

山口地学会誌

会誌投稿規定

山口地学会誌投稿規定

投稿原稿

1. 投稿資格

山口地学会会員または同会員が共著のものとする。ただし,会が依頼した場合はこの限りではない。

2. 投稿原稿の種類

研究論文(論説),総説,解説,教材研究,化石・岩石・鉱物等の発見・産出記録,露頭の観察記録,紀行文,ニュース,本の紹介,その他の地学に関する記事。

3. 投稿上の留意点

  • a. 原稿内容は山口地学会の趣旨に沿ったものとする。
  • b. 原稿は原則として10印刷頁以内とする。
  • c. 原稿の1頁目に脚注として著者の所属機関または住所を入れる。
  • d. 原則として図表の折り込みはしない。
  • e. 巡検報告は1頁又は2頁・特別講演要旨は1頁・研究発表(一般講演・一枚スライド各発表)は22字,40行とする。
  • f. 投稿原稿等は原則として返却しない。
  • g. カラー印刷を希望する場合は,50,000円(最大8頁まで)を著者負担とする。

4. 原稿を書く上での留意点

  • a. 文章は横書きで,「である体」とし,現代かなづかいを用い,平易で簡潔な文章に心がける。
  • b. 原稿は,A4の用紙を用い,1行44字・44行にする。または,市販の400字詰め原稿用紙を使用する。
  • c. イタリック体(斜体),ゴシック体(太字体)の場合は,原稿作成時に,該当する単語や文章をイタリック体(斜体),又はゴシック体にする。
  • d. 図(写真を含む)表の挿入希望位置は,現行の右余白に朱書きで指定する。
  • e. 図(写真を含む)表は本文とは別に仕上げ,本体から遠ざけてそれぞれ番号を付ける。
  • f. 図(写真を含む)表の山口地学会ホームページです。は本文及び図・表とは別にし,箇条書きに書く。
  • g. 引用文献は著者名をアルファベット順にし,本文末尾に一括する。
  • h. 引用文献は,著者名・発行年・表題・掲載誌名・巻または号・頁の順で書く。

5. 校正

著者校正は初校のみとし,再校正以降は会誌係の責任において行う。

6. 別刷

別刷を希望する者は投稿時に申し出ること。その際は,別刷は表紙付き50部を無料で贈呈し,追加分は著者負担とする。

7. 著作権

印刷された原稿の著作権は,山口地学会に属する。

8. その他

原稿に問題がある場合には,運営委員会に原稿への対応を相談することがある。

9. 原稿の送付先

山口地学会 会誌係
なお,著者の連絡先(メールアドレス,電話番号など)を明記すること。

1981年制定
1996年8月31日改訂
2016年9月24日改訂

図の作成と印刷

  • ◎ 図は印刷予定の1.3~1.5倍程度に仕上げるのがよいかと思われます。したがって,倍率は縮尺で示してください。
  • ◎ 1頁に関連性のある写真を数枚以上入れる場合には組写真にしたほうがよい場合があります。
    また,文献は本会誌第34号(1995年3月発行)の西村・今岡著(山口県の放射年代-1994年総括)の「文献」リストを参考にされるとよいかと思われます。

以上の他,会誌の編集および印刷について疑問のある場合には,どんなことでも結構ですから遠慮なく会誌係に問い合わせてください。
(会誌係)
(山口地学会誌 第37号 22頁より転載)

(会誌係)
〒753-8512 山口市吉田1677-1 山口大学理学部 川村喜一郎 宛て

ページの先頭に戻る